ふくらはぎやせする簡単エクササイズ方法

通勤、通学時、または家で勉強中、或いは、オフィスなどでお仕事をしている時……。ちょっとした運動をすることで、ふくらはぎのむくみをとる方法を紹介しましょう。

①筋肉トレーニング(机の下)法

この運動に必要なものは、椅子など、座ることのできる場所と、本当に貧乏ゆすりが癖にならないように気をつける注意力です。
まず、椅子などに座った状態にします。足を、片足ずつ小刻みに揺らしながら、貧乏揺すりをします。
小刻みに動かすと、筋肉は血流がよくなっているので、ふくらはぎの血流を活発にすることで、むくみがとれます。

②脚指キャッチャー法

めんどくさがり屋の人ほどお勧めの脚指キャッチャー運動です。足の指で挟んで拾えるような小さな物と、これをしても行儀が悪いなぁ、と思われないような笑顔と、清楚な雰囲気が必要となります。
まず、椅子に座ります。床に落とした消しゴムなどの小さな文房具を足の指で拾うだけです。出来る状態であれば、小物を拾った姿勢のまま、数秒間その姿勢を保ってみましょう。足の裏の筋肉が鍛えられて、血行がよくなってきます。
できれば、毎日ちょっとずつ続けていくと効果がアップします。

③つま先立ち法

電車のなかで立っているときなどに行なえる運動です。
脚を肩幅に広げることのできるスペースと、つま先がブルブルしても立ち続けることのできる根性があれば、誰でもできる運動です。
まず、脚を肩幅ほどに開きます。次に、つま先立ちになり、そのままの状態で5秒間ほど、その姿勢を保ちます。それから、ゆっくりとかかとを床につけます。
これを、10回ほど続けるようにしましょう。

④足首、曲げ伸ばし法

ふくらはぎの筋肉を収縮させることによって、むくみを解消することができます。用意するものなどは、特にありません。足首を曲げたり、伸ばしたりすればよいです。
普段のからだの姿勢も、むくみには関係あるので、重心があまり後ろすぎるようにならないよう注意しましょう。

⑤足の上下運動法

足のむくみは、ふくらはぎの筋力の不足からきているということが多いようです。
ふくらはぎの筋力を鍛えたければ、足のかかとを持ち上げたり、おろしたりする運動が最適です。
足を床についた状態のまま、足のかかとを上げたり、おろしたりを繰り返して下さい。それを、毎日10回ほど続けていくと、だんだんふくらはぎが締まり、筋肉がついてきます。何事も、「継続は力なり」です。

脚やせに失敗しないために

自己流で脚やせマッサージやストレッチをやっても失敗しやすいのはご存じですか?また、スパッツもローラーも万能ではありません。スパッツとローラーは基本的に細い脚の人が、細い脚をキープするためのものです。

脚が太い人が必ず脚やせに成功するにはどうすればいいか?についてはこちらのページでまとめています。


簡単脚やせ成功法へ


今月おススメの脚やせ情報

今月は脚やせエステの体験が安いです。おススメのエステをピックアップしました(^^) (ぶっちゃけ体験だけでも結構脚やせできちゃいます。)

500円で本格的なコースが体験できるのは今だけです!

※左右にスライドできます←|→
順位 公式 評価 詳細
第1位
ラパルレ
ラ・パルレ ★★★★★ ハンド+マシンの最強ケア♪
セルライト対策もばっちり!
WEB申込で500円!!
第2位
スリムビュー
ティーハウス
スリムビューティーハウス ★★★★★ 骨盤ダイエットのパイオニア♪
リンパケアも充実!
WEB申込で500円!!
第3位
エルセーヌ
エステ 東京 ★★★★☆ 美脚時代コース体験♪
施術の種類豊富で楽しい♪
WEB申込で1,050円!!

このページの先頭へ